クレジットカードを店において使用する時一度は感じたことがおありかと察しますが、レジの担当者が慣れていないためにどちらのレシートをお客さんの方へ提示するのか迷うときがあります。クレジットを決済すると機械3枚の明細レシートというものが吐き出されるからでして、これらのどの1枚を客の方へ渡して良いのか迷ってしまうということがあるのです。3組綴りの明細について》これまで述べた数枚の紙の正体とはどういうものかというと、以下の内容になります。1利用者に渡すべきレシート。2お店の控え明細レシート。3カード会社保管用紙(サインを書くレシート)。通常であれば絶対客へ渡すべき明細レシートの方を渡されるものですが、時々、店舗で保管する明細を利用者に対して見間違えて渡すというケースであったり記名された方の使用レシートを渡してしまうというというパターンすら見受けられるのです。このようなケースはアルバイトスタッフの場合や、普段からクレジットが使われるケースの少ない店舗などにて使うと、そういった店員の心の乱れを見られることでしょう。仮にレジ担当者が誤った使用レシートを渡そうとした場合には親切に「こちらじゃありませんよ」と教えてみてはいかがでしょうか。