車の保険には自賠責保険と任意保険のふたつの分類がございます。任意保険、自賠責保険ともにまさかの事態に備えたものですが実際の中身は細かな点で違うといえます。2つの保険を見比べると補償が約束される範囲が差別化されているのです。※相手には任意保険、自賠責保険どちらでも補償されようになっています。※自分については、『任意保険』のみで補償されるようになっています。※自己の私有する財産においては<任意保険>で補償されるよう取り決められています。自賠責保険のみでは自らへの傷ないしは車への賠償などのサポートは受けることができません。次に相手方への補償などの支援ですが自賠責保険については亡くなられたケースでは最高額三〇〇〇万円、障害を負わせてしまった場合最高四千万円と決められているのです。ただし賠償額がこの金額を上回ることは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。加えて相手の自動車あるいは不動産を毀損してしまったケースには加害した人の負担となるという決まりです。そのようなわけで任意保険という別の種類の保険が必須となるのです。被害者の救いを重視する任意保険というものにも実は、それに留まらない機能があるのです。※相手に対しては死亡時もしくは負傷の他にも車両や建物というような対象を賠償してくれます。※自分へは搭乗者も対象として死亡時ないしは傷を補償します。※自己の所有する財産においては、自動車を賠償してくれるのです。数々の面での充実しているのが任意保険の長所です。保険料の支払いはもちろん必須となってしまうのはしょうがないですが事故の相手方のためにもマイカーに末長く乗りたいのであればぜひ任意保険というものに入っておきましょう。