FXに関しての興味深いところは、一つだけの商品でありながらお金を掛ける期間を短い・普通・長いという3つの中からいずれを選ぶのかということにより出資のやり方がまるっきり変わるという部分にあると言います。まず外国貨幣への投入の「長期」を考えてみよう。長期のスタンスは、一年以上の長期の出資が基本とされているものです。まず為替で、一年以上後々の為替相場が円高か、それとも円安であるかを連想するなんてことは、ほとんどの場合無理に近いです。普通の人は「そんなにも後々の状況のことは考えられない」というのが当然のことです。考えられないのに一生懸命に予測しようとしたところでそんなことは無茶苦茶なのです。そういったことから外貨を買って、買った時の買いレートよりも円が高めになっていてもその損失分はいつか戻ってくるというポジティブな感覚でやり取りに取り組むのがベストです。為替差益を熱心に大きくすることではなく、他の利益つまりはスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で儲けるというのを第一のねらいにして出資しましょう。当然のことながら少しの間に為替変動による損失がすごく膨らむこともあります。そんな訳で、こういう場合のような為替差損にさほど困らないようレバレッジを少しでトレードするのは重要です。FXは為替差損がある範囲以上拡大してしまうと、追い証を払わなければならなくなったり、もしくはロスカットを置く必要があります。ロスカットをしたら売買を清算しなければならず長期取引がストップしてしまいます。こういうリスクを避けるには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍くらいで売り買いするのが良いでしょう。第二に中期のスタンスでのトレードです。中期のスタンスでは一番長くて1?2ヶ月位経った頃を推測しての取引です。為替の取引のケースでは、1ヶ月ほど先のことは、ほとんどの場合想定できると言われます。G7等の国際的な議会や、為替の市場に参加している人たちがどういった内容に注視しているかを確認してみれば、だいたい想定できるのです。このようなファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見つつ、グラフを参照することによって、為替レートの状態を理解しトレードを見極めるのがいいと思います。基本的に経済の基礎的条件とジャッジの両面で良い状態でありあるいは買い傾向が一致している時は、ほとんどのケースでは予想通りに動いていくと思って差し支えありません。そうしたらポジションを増やせばもっと多額の儲けを獲得できるはずです。第三に短期トレードの重要点。ここでの短期のトレードが指しているのは、言うなればデイトレードを指しています。為替市場でデイトレードをする際ファンダメンタルズはいっさい影響しないと明言していいです。なぜかというと次の日の為替のレートの動向に、経済情勢は反映されないからです。この時、一番のポイントは注目されるイベントがありそれによって為替の相場がかなり動くチャンスを狙ってやり取りしましょう。例として米国において雇用の統計が公開されるもしくは金融政策等により金利が動くほどのイベント。このような一瞬の変わり様を見逃さないとのことから、短期のトレードでは多種の情報が必要となる。