車の保険には自賠責保険あるいは任意保険に代表される2個の分類が用いられています。任意保険も自賠責保険ももしもの事故など備えたものですが中身は少々違うといえます。自賠責保険と任意保険をよく調べると補償が約束される範囲が多少異なってきます。※事故の相手に対しては自賠責保険・任意保険を用いて補償が可能です。※自分へは[任意保険]のみで補償されるよう取り決められています。※自己の私有する財産に関しては「任意保険」のみで補償されます。自賠責保険それだけでは、自分自身への傷害ないしは愛車についての補償は受ける権利がありません。続いて相手方に向けての補償ですが自賠責保険ならば亡くなられた場合は最大額で三〇〇〇万円・後遺障害を与えてしまった場合最大額で4000万円といった具合に決められています。ただし賠償額がこの数字を凌ぐことは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。加えて事故の相手の自動車や建物を破損してしまったときについては事故を起こした者による全くの自己賠償となります。そのような負担を防ぐために任意保険という別の種類の保険が大切だと考えられます。害を被った人の支援に重きを置く任意保険ですが、それに留まらない機能が存在します。※事故の相手方へは死亡時あるいは傷のみならず愛車あるいは建築物などの対象物を補償するのです。※自らに対しては、同伴していた人も込みで、死亡時もしくはケガを補償するのです。※自己の財産においては、車両を賠償してもらえるのです。色んな面について支援が抜かりないのが任意保険最大の長所なのです。保険の料金の支出はどうしても必要となってしまいますが、事故の相手方のためにも自分のためにも、愛車に余計な心配を抱くことなく乗りたいのであれば任意保険に申し込んでおくとよいでしょう。