通常の経験の浅い方向けのFXの本では、「差損が生じた場面ではナンピンをしてポジション全体のコストを下げる」とアドバイスしていると思いますが、正直に言うとナンピン買いにはかなり大きな罠があると考えます。抜け毛 対策

まず最初に、ナンピン買いの原理に関してごく簡単に記述しておきます。直葬 滋賀

仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。妊娠 早期妊娠検査薬

$(ドル)買いですから、ドル高に推移するほど利益が大きくなりますが、不幸にして1ドル=95円までドル安方向に向ったとします。プエラリアミリフィカ

このままの状態でポジションを維持し続けたら損がなくなるまでには損失分円安ドル高に向う必要があります。12月 バイト 短期

皆さん、損は可能な限り早く回復したいと考えます。土壁 補修 種類

この状況を乗り切るためはじめに取引したのと同じ分のドルを買います。デトランスα amazon

すると、ポジションの平均の価格は97円50銭まで低くすることができる。江東区 直葬

これで、半分の幅で円安が進むとマイナスを失くせます。パルクレールジェル 口コミ

これが、ナンピンの原理です。

このように、ナンピンの方法を知ると「納得だ」という風に思うが、そう簡単に問屋を卸してくれない。

そもそも、1ドル95円が下値だということなどなんびとも分かるはずがありません。

もしも、市場がかなり強い円高ドル安の流れであれば95円では下げ止まらずに、より円高ドル安にいく危険性は高いです。

たとえば、1ドル=97.50円でナンピン買いをした場合に1ドル95円までドル安が速んだら、ナンピンをしたポジションも損失が生まれてしまいます。

そういう状態では初めに売買したドルと全部で2倍の差損が生じます。

例示したとおり、ナンピンは厄介です。

それなら、マーケットが自らのシナリオとは反対の方向にみるみる向う場合、どういった術で危機の確率を軽減すればいいのだろうか。

こういう時には選択できる術は多くはありません。

まずはじめは執着しないで損失を確定する事です。

ふたつめは、その時点で、自分か所持している買いポジションを縮小することで、再びマーケットが回復するのをじっと待機する事だけです。

後ろ向きなやり方だと感じる投資家もいます。

けれども、自分のポジションに損が生まれた時最も適切な方法はそれ以外にはあるはずがありません。

理論上は、ナンピン買いをしてみる対策もありえます。

しかしナンピンは、マイナスになっているにもかかわらず、ポジションを減少させるどころか反対にポジションを重ねていく方法です。

この手法では、危機を管理することなど到底やりようがないと考えるべきです。

ナンピンを続ければその内マイナスがプラスになるかもしれません。

だが、そうなる前に資金が無くなってしまいます。